【初心者向け】初めてのパチンコ

パチンコで勝ちたいなら絶対に押さえておきたいたった2つのコツ

更新日:

「パチンコで勝ちたいのになかなか勝てない」、「パチンコを打つたびに大負けする」、このような状況では遊びたくてもお財布が追いつかなくて遊びたくても遊べなくなってしまいますよね。

今回はこのような方が、パチンコで少しでも大火傷しないために最低限押さえておきたいパチンコのコツをご紹介していきます。

念のためお伝えしますが、この記事の内容は「パチンコを適正価格で打てるようになり、負け額を減らす」ための記事であって、「パチンコで本気で稼ぐ」ための記事ではありません。

「パチンコを副業にしたい」「パチンコで本気で稼ぎたい」という方は「パチンコの勝ち方・攻略法」の記事を参考し、徹底的に訓練してください。ただし、パチンコで本気で勝ちに行く場合、「パチンコが楽しくなくなる!?勝ち組になるメリットとデメリットとは」でお伝えした通り、パチンコが遊びではなくなります。

牙狼を打っても確変中に牙狼剣を押し込めないのは嫌だ!という方や、徹底した店回りや技術介入がしたくない方、パチンコはあくまでも趣味にしておきたい方はこの記事の内容くらいがベストとなるはずです。

それでは早速説明に入りたいと思います。

一番大切なのは店選び

important-1705212_640

パチンコで負けない、負けを減らす上で一番大切なことは「店選び」です。

パチンコ店の方針は様々で、イベント日にだけ還元するお店もあれば、平日でも多少優良台を置いてくれている店もあります。しかし、中にはイベント日もガセり、問答無用で年中回収の極悪店も存在します。

そんなお店の傾向を把握するためには釘が見れるようになるのが一番の近道です。しかし、当記事のターゲットは「パチンコを趣味にしている方」ですから、パチンコ店に行く頻度もほぼ毎日という訳ではないはずです。

そうなると当然、「釘を読めるようになれ」というのはなかなか厳しい話ですから、釘を見ないでそのお店の良し悪しを判断しなければなりません。

釘を見ないでお店の良し悪しを判断する方法

釘を見ないで優良店を見つけるための一番の方法は「パチプロ」のいるお店に行くことです。

「パチプロ」は当然釘が見れますから、そのお店が良いお店なのか悪いお店なのかをよく知っています。

当然、彼ら「パチプロ」は極悪店には行かず優良店にのみ通います。そして、この「パチプロのいるお店」こそが勝てる台を置いている優良店なのです。

「パチプロ」と「一般客」の見分け方

「パチプロのいるお店」に行けと言われても、どのお客さんがパチプロでどのお客さんが一般客なのかの判断ができないかと思います。しかし、「パチプロ」にはほとんど共通した特徴があり、少しコツを掴めば誰でも見分けられるようになります。

そして、「パチプロ」や上級者にもなれば同業者はすぐにわかるようになります。

下記に一般的な「パチプロ」の特徴の例を上げてみました。全てが当てはまるわけではありませんが、共通している箇所は多いはずです。

  • 台のヘソ釘を見ている
  • 電サポ中は徹底的に止め打ちを実施している
  • ハンドルをガチャガチャと回す捻り打ちをしている場合がある
  • 大当たりするたびにメモを取っている
  • 耳栓やイヤホンを着用している
  • 台の演出などほとんど見ず、スマホで動画を見ている
  • つまらなそうに遊戯している
  • 若い
  • 朝から晩まで同じ台を打っている

以上が「パチプロ」に多く見られる特徴の例です。そして、一番「パチプロ」かどうか判断しやすいのが「朝」と「大当たり中」です。

彼らは釘の開いている台を1分でも長く打つために必ず朝から来店し、店の釘を片っ端から見ていきます。朝来店した時に釘を見ている人が多数いた場合、そのお店は「パチプロのいる優良店」である可能性が高くなります。

また、「パチプロ」は大当たりしてからお仕事開始みたいなところがあり、大当たり中は捻ったり止めたりと一般客と大きく違った動作をします。

大当たり中や電サポ中に過度な止め打ちや捻り打ちを行っている人は「パチプロ」である可能性が高いといえるでしょう。

初心者でもできる3つの止め打ちは要実践!

1149665449ac279dd3d78929f1f46443_s

優良店を見つけ、良い台を確保できたとしても、ただ打っているだけでは宝の持ち腐れとなってしまいます。良い台のパフォーマンスを最大限引き出すためには最低限の止め打ちの実施は必須です。

今回は初心者がパチンコを楽しみながらでもできる3つの止め打ちをご紹介します。

通常時の保3止めは徹底する

趣味なのですから、通常時の演出に夢中なることは構いません。ただし、演出に夢中になっていても常に保留の数には気を配り、極力無駄な入賞はさせないように気をつけましょう。

現在ホールにあるほとんどのデジパチの通常時の最大保留は4つです。(稀に8個もある)

その場合は保留が3個溜まったら打ち出しを止めましょう。なぜ最大4個なのに3個なのかというと、4個で止めても盤面に残っている玉がヘソに入賞する可能性があり、オーバー入賞の可能性があるためです。

3個で止めていれば、盤面に残った玉が入賞しても4保留目となりオーバー入賞とはなりません。

逆にオーバー入賞を恐れ、2個で止めると時間効率が大幅に悪くなってしまうため、通常時は「保3止め」での消化をオススメします。

大当たり中は玉数を数えて無駄玉をなくす

billiard-ball-461196_640

ご存知の通り、大当たり中は「一定の玉数が入賞する」もしくは「一定の秒数が経過する」とそのラウンドが終了し、アタッカーが閉じ、次のラウンドへと移り、再度アタッカーが解放します。そして、16Rならこれを16回繰り返すわけです。

打ちっぱなしの人と止め打ちを実践している人では大きな差が生まれます。

打ちっぱなしの場合、ラウンド間のアタッカーが閉じている間に必ず玉をこぼすことになり平均で2〜3個の玉をこぼします。

たかだか2〜3個ですが、16Rだとこれを16回繰り返すわけですから32〜48玉こぼすことになります。

そして、16Rを20回引いた日だと640〜960玉になります。大当たり20回で約4千円の差は大きいと感じませんか?

たとえ趣味であっても1年間にすると万円単位の差になるはずです。

大当たり中の止め打ちの手順

どの台にも必ず「カウント」というものが存在します。「カウント」とは1ラウンドでの入賞個数のことで、台脇にある説明書や「パチマガスロマガ」などで確認することができます。

上の画像の場合は「9C」と書かれた場所でカウント数を確認することができます。今回の場合は「9カウント」ということになります。

そして、大当たりしたら無駄玉を出さないように玉を打つわけですが、9カウントだからといって9玉入ってから止めていてはいけません。すでに打ち出し、盤面に残った玉がきっちり無駄玉になってしまいます。

9カウントぴったりでラウンドを終わらせるためには、9個目が入るよりずっと前に打ち出しを止める必要があります。

9カウントで例を出すならおよそ4個目が入る瞬間に打ち出しを止めると、おそらく8個入賞で打ち出しが止まるはずです。そして、残りの1カウントを単発打ち、もしくは捻り打ちで消化します。そうすることにより1玉も無駄を出すことなく大当たりを消化することができます。

※上の例はあくまでも例であり、釘の調整や各機種ごとのゲージなどにより止めるタイミングやカウント数は異なります。

電サポ中もできるだけ無駄玉をなくす

%e6%96%b0%e9%ad%94%e7%95%8c%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

大当たり中はラウンド数に応じてアタッカーが開いたり閉じたりを繰り返しますが、電サポ中も電柱が閉じたり開いたりを繰り返します。そして、閉じている時に電柱に到達した玉は当然、無駄玉となってしまいます。

最近のデジパチではロングSTタイプや確変中も確率の重いものが多く、電サポ滞在時間が長い傾向がありますので、ある程度の止め打ちでもそれなりの効果があります。

時短中の電柱の解放は一見ランダムに開いているように見えるため難しく感じますが、上級者以上のレベルになると、これを各台で完璧にこなせるようになります。しかし、今まで止め打ちをほとんど実践したことがない方は、とりあえずは簡易止めから実施してみることをお勧めします。

電サポ中の簡易止めの手順

電サポ中の電柱の解放パターンは機種ごとに大きく異なるため、各機種の簡易止めの方法を事前に調べておく必要があります。

実戦前や通常時中でも良いのですが電サポの始まる前に調べておきましょう。「パチマガスロマガ」は初心者でも実践可能な簡易止めが紹介されているのでオススメです。

パチンコのコツまとめ

arm-wrestling-567950_640

いかがでしたか?パチンコは繰り返しのゲームです。1回1回は大した差にならないことでも長い目で見るとかなり大きな差になります。

今回紹介した内容はパチンコを楽しみながらでも簡単に取り入れられる内容です。パチンコで「勝ちたい」「大負けしたくない」という方は、是非取り組んでみてください。

また、稀に電サポ中にハンドルから手を離して調べ物をしている方がいますが、電サポ中に打ち出しを止めると、電柱保留がなくなりヘソ保留を消化されてしまいますので電サポ中の調べ物には十分注意してください。

電サポ中にヘソ保留を消化されるとどうなるかは「パチンコ勝ち組が絶対にやっている差がつく小技4選!」をご覧ください。また、同記事には今回ご紹介した3つの止め打ち以外にも初心者が取り入れやすい小技を紹介しています。

少し難しいものもありますが、ご自分で「できそうだな!」と感じたものから取り入れてみると良いでしょう。

おチビの収支

【今月】+116,000円(4月30日現在)


【昨年】+2,421,000円

-【初心者向け】初めてのパチンコ

Copyright© 【副業】おチビのパチンコ攻略ブログ!正攻法で毎月30万稼ぐ勝ち方 , 2017 AllRights Reserved.