[おチビの自己紹介]勝てるようになるまで

はじめに

こんにちは。当サイト管理人の「おチビ」です。

今回は少しばかり私の経歴とパチンコに関する自己紹介をしたいと思います。

きっかけは友人との付き合い!?

パチンコ屋に初めて行ったのは大学生の時です。

当然、その時は勝てることも知りませんでしたし、友達との付き合いでお金をドブに捨てるつもりで行きました。

貧乏学生であった私の「千円」という大金がパチンコ台に吸い込まれていった時の虚しさは今でも覚えています。

人生初の遊戯台は「アイムジャグラーEX」

当時、何も知らなかった私は友人に勧められるがまま、空いている台に座りました。

その時に座ったのが「アイムジャグラーEX」でした。

初戦の戦績は?ビギナーズラック!?

なけなしの千円を使い、友人に打ち方を教えてもらいながら遊戯を開始しました。友人がリール横の「GOGO」を指差し、「ここが光ったら当たりだよ。」とだけ説明があり、そこを凝視しながら打っていたのを覚えています。

「こんなものどうせ当たらないんだろ」と思っていたその時!GOGOランプが光ったではありませんか!人生初ペカです!

すぐに友達を呼び、図柄を揃えてもらったのですが、初めての当たりはレギュラーボーナス…。

みなさんご存知かと思いますがジャグラーシリーズにはビッグボーナス(約300枚)とレギュラーボーナス(約100枚)の2種類の大当たりがあります。

投資千円なのでレギュラーボーナスでも現時点では千円勝ちです!

すぐにやめて、換金しようとする私に友人が一言、「大当たり100回転以内は熱いよ!」。

悩んだ私は遊戯を続行し、大当たりで得た100枚と追加投資2千円を投入し、100回転まで回し切りました。

当然、再度大当たりすることはありませんでした。

そして、その日の3千円が悔しくてジャグラーについて調べ、友人の言っていた「100回転以内が熱い」理論が嘘、オカルトであることがわかりました。笑

長くなりましたがこれが私のパチンコ屋初体験でした。

最初はエナ専だった

何度かパチンコ屋に行くようになった時、友人に「上手い人がいる」と紹介され、地域で有名なエナ専(天井狙い専門)の方と仲良くなりました。

その方は何人かのグループ(特にノリ打ちとかではない)でほぼ毎日稼働しており、毎月何十万円も勝っていました。

当時はとても信じられませんでしたが…笑

そして、気がつけば私もそのグループの一員のようになっていました。

それと同時に収支も上昇し、開始3ヶ月で月単位の収支がプラスになり、その後は数年間、サラリーマン時代まで月でマイナスになることはありませんでした。

当時の稼働は「ガツガツ」

当時は学生ということもあり、時間に余裕があったため授業の時以外、土日も含め、ほとんどずっと稼働していました。

収支は平均40万円くらいでしたので日当にすると1万3千円くらいでした。

当時は若さがありましたので台が拾えなくても1日中平気で徘徊していましたし、やめそうな客の後ろには平気で張り付くなど、ガツガツした稼働をしていました。

就職し、サラリーマンとなる

そんな私も大学を卒業、就職し、サラリーマンとなりました。

平日は仕事をし、休日に稼働していました。しかし、ここで大きな問題が立ちはだかります。

それは、情報に疎くなることと疲れです。

以前のように毎日ホールに行けなくなったため、毎週のように次々と出る新台の情報が追いつきません。スロットはパチンコと比べ、台によってシステムが大きく異なります。誰よりも情報を早く収集する必要があるエナ専には致命的な問題でした。

さらに、土曜も日曜もエナ専としてホールを歩き回ると月曜日にクタクタの状態で仕事に行くことになります。そして、せっかくの土日を返上し、丸1日稼働しても1日中期待値のある台にありつけず、「俺の土日はなんだったんだろう…」ということも稀にあり、精神的にかなり厳しい状況となりました。

顔見知りのスロ専がパチプロに!?

そんなある日、顔見知りで自分と同じスロ専だったT氏と久しぶりに会いました。(同じと言ってもT氏はイベント周り、設定狙い)

しかも、T氏はスロットではなくパチンコを打っていたのです。

話を聞くとスロ専時代と変わらないくらい稼げているとか…しかも、自分より遥かに高い。

自分にも教えてください!

お願いしてみましたが、もちろん断られました。

そりゃそうですよね。なんでわざわざそんな面倒なことをしてライバルを増やさなくてはならないのか。

エナ専をやっている自分でもわかります。ホールにある台の大半はマイナスの台です。期待値の稼げる台はほんのわずか。ライバルは少ないに越したことはないのです。

ある条件付きで教えてもらえることに

交渉の結果ある条件付きで教えてもらえることになりました。

その条件とは「ある程度の技術がついてから代打ちを10回行う」というものです。

そして、私はその条件を承諾し、T氏からパチンコの正攻法を学ぶことになります。

パチンコは初月からプラスに!

管理人はエナ専時代に毎日ホールに通っていましたが、パチンコは打ったこともなく基本的な打ち方すらわかりませんでした。

もちろん、当時はサラリーマンですのでホールに行けるのは土日と仕事終わりだけでした。

しかし、運が良かったこともあり、初月からプラス収支となりました。また、その後もT氏のアドバイスから、打つ機種を選ぶことにより稼働時間が少なくとも安定した収支を稼ぐことができました。

転職し、稼働増へ

パチンコ稼働を始め、半年経った頃、営業職からIT系の仕事に転職することになりました。

現在もその仕事をしていますが、やることをやれば出社しなくても良い日があり、休みも自ら決めた日に取ることのできる仕事なため、パチンコ稼働と相性が良く、並行することができています。

イベント日などは開店と同時に釘を見に行き、開いていれば稼働、ダメなら喫茶店で仕事というスタイルです。

もちろん、仕事優先ですので行けない日も多くありますが、効率的に期待値を稼ぐことができています。

現在の稼働時間と平均収支、日当

現在の稼働日数はおよそ10〜15日程度で、平均20〜40万円程度のパチンコ収支があります。日当2〜3万円程度ですね。

ほとんどがパチンコの収支ですが、スロット時代の恩恵で唯一ジャグラーの設定狙いは今でもできますので月に何度かはジャグラーを打ちます。

【追記】2016/10/10

最近では仕事も忙しくなり、稼働日数は5〜10日程度になりました。

平均収支は10〜30万円程度です。

パチンコの「勝ち方」教えます

このブログではT氏から学んだノウハウを「パチンコで勝ちたいけど勝ち方がわからない」「サラリーマンでも勝ち組になりたい」という方に向けてノウハウを発信しています。

「本気でパチンコで勝ちたい」という方には、どこの情報より丁寧かつ具体的にお教えします。

しかし、ホールでの勝てる台は限られており、私自身ライバルは増やしたくはありません。

私も自分の時間を無駄に他人に使うほどボランティア精神旺盛ではありません。そのため、私がT氏の代打ちを10回行ったようにそれ相応の代償を払ってもらうつもりです。

ただ、今後も何十万、何百万負けることを考えれば遥かに安いものですね。

たかが10万円/月しか、勝てなくてもー10万円/円と比較するとその差は20万円です。大きいですよね?

長くなりましたが、本気でパチンコで勝ち組に入りたい方は私までご相談ください。

【追記】2016/10/10

今は忙しいので無理です。

更新日:

Copyright© 【副業】おチビのパチンコ攻略ブログ!正攻法で毎月30万稼ぐ勝ち方 , 2017 AllRights Reserved.